矯正装置について

本格治療(成人矯正)に用いる装置

マウスピース矯正(インビザライン)

写真を拡大

透明で薄く審美的に優れているマウスピース型の矯正装置です。2週間に一度程度、ステップに応じて新しい装置に交換し患者様ご自身で管理をしながら治療を進めていきます。この装置は全てのケースに対応できるものではありませんので、場合によっては適応できない事もあります。詳しくは無料カウンセリングにてご相談ください。

マウスピース矯正について »

クリアー

写真を拡大

メカニズムはメタルと同様ですが、歯と同色のクリアータイプのブラケットですので目立ちにくく、最も人気の高い装置です。価格もリーズナブルに設定しております。 また、当クリニックではブラケットとは別に、通常は金属色のワイヤーやコイルスプリングなどにも目立たない白色のものを取り扱っています。詳しくはご相談下さい。

舌側・裏側矯正(インコグニート)

写真を拡大

患者様一人一人にあわせてつくる、完全にオーダーメイドのブラケットを使用した、歯の裏側から行う舌側矯正治療です。お仕事柄どうしても矯正の装置を見せたくない、矯正治療をしていることを公にしたくない、というご要望にお応えします。人目につく上の歯並びだけを舌側から行うことも可能です。裏側にブラケットを装着して治療を行うとむし歯になりにくい、という利点もあります。詳しくは無料カウンセリングでご相談ください。

ホワイトワイヤー

写真を拡大

矯正治療をする女性が増えてきたこともあり、当院では審美性にもこだわります。いくらブラケットが透明であっても、ブラケットに通すワイヤーや、それに付随した針金などはすべて金属で出来ているため、従来のものは金属色でした。当院ではワイヤーだけでなく、それに付随した針金など、目に見える金属色のものほぼ全てを白いものにすることが可能です。リーズナブルな価格で治療の最初から最後まで、自然な口元を演出します。

スピード矯正

写真を拡大

当院では、歯の動きを早くするためのオプションをご用意しております。動かしたい歯の周りの骨に微小な穴をあけることで、骨の血流を上げ、代謝を活発にさせることで、顎骨に植わっている歯の動きを加速させます。個人差はありますが、通常の矯正治療に比べて歯の動きがよくなり、治療期間の短縮につながります。詳しくはご相談ください。

インプラント矯正

写真を拡大

従来の矯正治療が歯と歯がお互いに引っ張り合う力を利用していたのに対し、インプラント矯正では顎骨に埋入されたインプラント体で歯を引っ張る力を利用します。こうする事で今まで不可能であった方向への歯の移動が可能になり、歯の移動にかかる時間(治療期間)を短縮できます。また結果として、歯を抜かなくてもよいケースも増えてきます。
当クリニックでは非常勤の口腔外科専門医がインプラント埋入手術を行いますので安心です。

メタル(レギュラー)

写真を拡大

ブラケットという装置を歯の表面につけ、そこにワイヤーを通し、ワイヤーの力をうまく調節することで歯と歯がお互いを引っ張り合う力を利用し、歯並びを改善していきます。金属製のブラケットで、目立つというデメリットはありますが、壊れる心配がなく、薄いので装着感も少ない最もリーズナブルな装置です。

吉住歯科矯正クリニック

受付時間
診療時間に準ずる
休診日
木曜日
住所
東京都武蔵野市吉祥寺南町
1-10-1東ビル3F
アクセス
吉祥寺駅南口徒歩2分
2017年10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

:休診日

無料カウンセリングのご予約はこちら

歯列矯正は特別な症例を除き、保険診療適応外です

Copyright © Yoshizumi Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.