矯正装置について

マウスピース矯正

誰からも気づかれない矯正治療を!

マウスピース矯正とは

写真を拡大

歯の形をした透明のマウスピースを約2週間ごとに交換しながら歯を動かす方法です。マウスピースは取り外しが可能で透明です。お食事・清掃以外は基本的には使用していただきます。
2週間ごとに交換をするマウスピースは、毎回少し歯ならびを動かした状態(~0.3mm)で作成されてきます。期間が来ると歯列の移動が完了し、次のマウスピースに進みます。これを繰り返すことで、少しずつ歯を動かしていきます。このフィルムをアライナーと呼び、治療終了するまでに何十枚と使用します。

当院で使用しているマウスピース矯正

日本でも現在、様々な種類のマウスピース矯正がありますが、当院で採用しているのは全世界でトップシェアの「インビザライン」です。
実に170万人以上の治療実績があり、アメリカの調査では87%の患者さまがインビザラインによる治療に「非常に」もしくは「極めて」満足しているという結果がでています。
アメリカではほとんどの人が「インビザライン」という言葉を知っていて、それがマウスピース矯正だということも認知されています。

インビザラインのメリット

インビザラインの注意点!

  • 適応できない症例があります
    矯正治療においては「診断」が最も重要です。精密検査をして診断をした結果、
    インビザラインが適応できない患者さんも中にはいます。
  • 低年齢のお子様には使用できません
    大人の歯が完全に生えていない中学生くらいまでは、インビザラインは適応できません。
  • 必ず1日20時間の使用が必要です
    決められた時間を守って使用出来ない場合、治療期間が大幅に伸びたり、
    治療方針を変えざるを得ない場合があります。
  • 治療に際して歯のストリッピングが必要なことがあります
    インビザラインで歯を効率的に動かすために、歯と歯の間にヤスリを入れてスペースを獲得する
    必要があります。0.2~0.5mm程度ですから、歯の健康を害する心配はありません。

マウスピース矯正は非常に手頃に出来る反面、的確な診断のもとで使用するかは判断しないといけません。
マウスピース矯正をお考えの場合は、矯正専門クリニックでの受診をお勧めします。

吉住歯科矯正クリニック

受付時間
診療時間に準ずる
休診日
木曜日
住所
東京都武蔵野市吉祥寺南町
1-10-1東ビル3F
アクセス
吉祥寺駅南口徒歩2分
2017年12
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

:休診日

12/28〜1/4まで年末年始休暇

無料カウンセリングのご予約はこちら

歯列矯正は特別な症例を除き、保険診療適応外です

Copyright © Yoshizumi Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.