本格治療(成人矯正)

治療の流れ

本格治療(成人矯正)はいわゆる大人の矯正治療です。大人の矯正治療では、子どもと違って成長発育がないので、歯自体を動かすことで歯並びを治します。

治療開始時期

本格治療は一般的に大人の歯に生え変わった後、14〜16歳以降に行います。
早期治療(小児矯正)から移行していく場合と最近では40〜60代から矯正治療を始める方もいらっしゃいます。そういった大人の矯正治療では、補綴科や保存科など他科の専門医との連携がとても大事なことが多く、歯並びだけではなく歯周組織等の管理も行っていく必要があります。当院では東京歯科大学や東京医科歯科大学などの大学病院や患者様のお住まいから近い開業医と連携して包括的な治療を行っています。

治療内容

本格治療では取り外しのできないブラケットという装置を歯の表面につけ、ワイヤーを通して、ワイヤーの力をうまく調節することで歯並びを改善していきます。
当院では大きく分けて3種類のブラケットをご用意しています。

矯正装置について

当クリニックでは最新のセルフライゲーションブラケットインプラント矯正も行っています。これらの新しい治療法によって非抜歯治療の適応範囲が広がり、一昔前では抜歯をしないと治らなかったようなケースも非抜歯になることが増えてきていますし、治療期間の短縮や痛みの軽減になるとも言われています。また、当クリニックではマウスピース矯正(Invisalign)や歯の裏側から行う舌側矯正(Incognito)も導入しています。マウスピース矯正や舌側矯正は装着していても気づかれないくらい審美性に優れている一方で、適応症が限られる等デメリットもあります。正確な診断が必要ですし、装置の特性を十分理解していただく必要があります。詳しくは一度ご相談ください。

日罰し治療

吉住歯科矯正クリニック

受付時間
診療時間に準ずる
休診日
木曜日
住所
東京都武蔵野市吉祥寺南町
1-10-1東ビル3F
アクセス
吉祥寺駅南口徒歩2分
2017年10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

:休診日

無料カウンセリングのご予約はこちら

歯列矯正は特別な症例を除き、保険診療適応外です

Copyright © Yoshizumi Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.