多彩な治療オプション あなただけの適切な治療方法多彩な治療オプション あなただけの適切な治療方法


矯正治療メニュー


多彩なメニューから、
あなたに合った治療を

吉住矯正歯科では、カウンセリングを通じてあなたに合ったより良い治療方法をご提案しています。

矯正治療の流れ

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置

透明なマウスピースで少しずつ歯を動かす治療プランです。
吉住歯科矯正クリニックでは、成人患者さまのおよそ3人に1人がマウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正治療を行なっています。
ワイヤーを用いる装置と比較すると目立たなく、食事や歯みがきの時は取り外しができます。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)が適応可能か、あなたにとって最も適切な治療であるかは正確な診断が必要です。まずはご相談ください。

「インビザライン」は海外技工物のため、完成物が薬機法対象外となります。
インビザライン完成物は、米アラインテクノロジー社の製品の商用で、インビザラインジャパン社から入手しています。
・材料に置いては日本の薬事認証を得ております。
・1998年にFDA(米国食品医薬品局)により医療機器として認証済み。製造場所はISO 13485:2003(医療機器の品質保証のための国際標準規格)認証を取得。

マウスピース型矯正装置について
もっとくわしく

マルチブラケット装置(ワイヤーを用いた矯正治療)

マルチブラケット装置(ワイヤーを用いた矯正治療)

ブラケットという装置を歯の表面につけ、そこにワイヤーを通し、ワイヤーの力をうまく調節することで歯と歯がお互いを引っ張り合う力を利用し、歯並びを改善していきます。
歯と同色のクリアータイプのブラケットや、審美性の高いホワイトワイヤーもご用意がありますので、見た目も自然で金属が目立つことはありません。

ブライダルにむけて

ブライダル矯正

結婚式までに気になる部分を改善して笑顔に自信を持ちたい。そんなご要望におこたえするプランです。
挙式までの期間が十分にあれば(通常3ヶ月以上)、気になる箇所を重点的に治療していくことが可能です。
スマイル時に気になる箇所を優先して矯正治療を行い、結婚式後、再度矯正装置をつけて治療の続きをしていきます。

ブライダルに向けて行う
治療についてもっとくわしく

治療期間の短縮にむけて

当院では、歯の動きを早くするためのオプションをご用意しております。
動かしたい歯の周りの骨に微小な穴をあけることで、骨内の血流を上げ、代謝を活発にさせることで、顎骨に植わっている歯の動きの加速をはかります。
個人差はありますが、通常の矯正治療に比べて歯の動きがよくなり、治療期間の短縮につながる場合があります。
くわしくは医師にご相談ください。

部分矯正

2~3本からの治療も可能な部分矯正。短期間、また全体矯正よりも価格を抑えて見えるところだけを対応することが可能です。
患者様のご希望や歯の状態によっては、部分的な矯正治療という選択肢もあります。
期間は半年~1年程度で、料金も通常の矯正治療の1/6程度から(15万円~)。
手軽そうに思える部分矯正ですが、通常の矯正治療同様に正しい診断のもと、部分矯正治療が適応できるかどうか慎重に見極める必要があります。
当院では、他科と連携をとった包括的な歯科治療(むし歯や歯周病の治療と並行した矯正治療)のために部分矯正を行うこともあります。
「気になる前歯の歯ならびだけ治したい」、「半年後の結婚式までに少しでも歯ならびを治したい」という方も一度ご相談ください。
※期間や内容には個人差があります。

歯科矯正用アンカースクリュー

歯科矯正用アンカースクリュー直径1.5mm程度のチタン製のスクリューを顎骨へ埋入し、そこを固定源に歯を動かす治療のことです。

こうする事で今まで不可能であった方向への歯の移動が可能になり、場合によっては、歯の移動にかかる時間(治療期間)を短縮することもできます。
また結果として、歯を抜かなくてもよいケースも増えてきます。

子どもの矯正

子どもの矯正

小学生からはじめる矯正治療です。
負担にならないよう、成長にあわせて、お子様一人ひとりに適した治療プランを選択します。

子どもの矯正について
もっとくわしく

■マウスピース型矯正装置による矯正治療について

治療内容:透明なマウスピースを7~10日ごとに交換しながら歯を動かしていきます。
【一般的な治療費(自費)】880,000円(税込)、別途 検査診断料 38,500円(税込)
【治療期間・治療回数】2年前後・3〜6ヶ月ごとに一度の来院
【主なリスク・副作用】
・ぴったりフィットしたマウスピースを長時間装着しているため、マウスピースを清潔にし、装着前後にしっかり歯みがきをしないと、むし歯や歯周病のリスクが高まります。
・マウスピース装着中に、ストレスや圧迫感、疼痛などを感じる場合があります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。
・リテーナー(保定装置)を適切に使用しないと後戻りすることがあります。
《未承認医療機器を用いた治療について》
・マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。尚、インビザラインの材料は、日本の薬事認証を得ています。
・米国アライン・テクノロジー社の製品の商標であり、インビザライン・ジャパン社から入手しています。
・日本国内においては、同様の医療機器が薬事認証を得ています。
・1998年にFDA(米国食品医薬品局)により医療機器として認証済み。製造場所はISO 13485:2003(医療機器の品質保証のための国際標準規格)認証を取得。

■マルチブラケット装置による矯正治療について

【治療内容】歯の表面のブラケットに通したワイヤーを少しずつ調節して歯を動かしていきます。
【一般的な治療費(自費)】880,000円(税込)、別途 検査診断料 38,500円(税込)
【治療期間・治療回数】2年前後・約1ヶ月ごとに一度の来院
【主なリスク・副作用】
・装置が付いているため歯が磨きにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。
・初めて装置をつけた時やワイヤー調節後は、疼痛や不快感を感じることがあります。
・歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。
・リテーナー(保定装置)を適切に使用しないと後戻りすることがあります。

■子どもの矯正について

【治療内容】取り外し可能な装置を中心に、個々に適した装置を使用して、あごの骨の成長をコントロールしたり、永久歯が正常に生えるよう誘導していきます。
【一般的な治療費(自費)】440,000円(税込)、別途 検査診断料 38,500円(税込)
【治療期間・治療回数】半年~2年前後・1~3ヶ月ごとに一度の来院
【主なリスク・副作用】
・お子様や保護者の方の協力が得られないと、計画通りに治療が進まない場合があります。
・装置を清潔にして、装着前後にしっかり歯みがきをしないと、むし歯のリスクが高まります。
・装着中に、ストレスや圧迫感、疼痛などを感じる場合があります。
・リテーナー(保定装置)を適切に使用しないと後戻りすることがあります。